どうやってるの?

データをラクラクに読み込んで書籍を楽しむ。自炊代行サービスを利用することで、大量の書籍をデータ化することが可能です。
年代物のフィギュアが揃うフィギュア 買取の専門店であなたの好きなフィギュアを購入しませんか?

どうも、スマホを使いこなせている気がしない。
最新鋭のものを買い、それなりに楽しめている。便利だとも思う。でも、周りを見回していると、自分よりももっとスマホを使いこなしている人が多くて、なんだか焦る。

例えば自分は、スマホで漫画を読むことができない。どうすればいいのかわからないのだ。手持ちの漫画を、どうやってスマホに取り込めばいいのか……。そのため、今でも自分は、読みたい漫画本はそのまま持ち歩いて読んでいる。紙の本は汚れてしまうし、かさばる。できればスマホの中に一括して取り込みたいのだが、その方法がわからない。

みんな、自分で漫画をスマホの中に取り入れているのだろうか? どうやって? その方法について知らないと、本当にスマホを使いこなせているとは言えない気がする。

そこで、少し調べてみた。そうすると、出てきた言葉が「自炊代行」。なんだそれは?
自炊というのは、自分で自分の食事を作ることだ。自炊代行ということは、誰かにご飯を作ってもらうことだろうか? でもそれって、そもそも自炊ではないのでは?
などと、とんちんかんなことを考えていたが、実際のところ、自炊代行という言葉は、食事とは無関係だ。そもそも漫画をスマホに取り込む方法について探してたどり着いた言葉なのだから、そちらに関係があると考えるほうが妥当だろう。

自炊代行というのは、漫画のスキャンサービスのことを指す。スマホの中に漫画本のデータを取り込むためには、漫画本からスキャンした電子データをスマホに転送しなければならない。
そのためには色々な機材だったり、知識が必要になる。それを知らない自分のような人もいる。だから、代わりにスキャンして、転送するサービスが生まれた。

それが、自炊代行、というわけだ。